妊娠線はお腹だけじゃない!

妊娠線のことはマタニティー雑誌やマタニティーサイトで知り、お腹が目立ち始めた妊娠5ヶ月頃から妊娠線予防のクリームを塗り始めました。クリームは犬印本舗の妊娠線予防クリームを使っています。香りも気にならず伸びもいいので、お腹のほか、乾燥が気になっていた首筋や背中にも使っていました。また、容器がポンプ式なので、お風呂上がりにも手軽にさっと使えて便利です。

 

その後、妊娠経験者の先輩から「妊娠線は太ももやお尻にもできるから気をつけた方がいいよ」とアドバイスされたので、お尻や太ももにも塗るようにしました。全身にクリームを塗ることで、お腹以外の自分の身体の変化にも気づけるようになり、特に想像以上の下半身太りに危機感を覚えるようになりました。下半身太りを改善するためウェーキングにも積極的になりました。現在は妊娠9ヶ月ですが、今のところ妊娠線は見あたらないのでクリームの効果はあると思います。「臨月で急にお腹が大きくなると妊娠線ができる」とも聞いているので、今後も気を抜かず、クリームを塗って予防ケアをしたいです。

 

妊娠線は水着が着れない

妊娠するとお腹が大きくなるにつれ妊娠線が出来ないか気になると

 

思います。

 

妊娠する前は妊娠線がなんなのか、出来ても消えるのではないかとか

 

知らない事だらけだったと思います。ですが色々人から聞くうちに

 

妊娠線は消えないし一生残ると知ります。

 

そして母のお腹をみせてもらったらくっきり妊娠線が何本もあります。

 

妊娠線は予防によって出来なくするということも可能とのことであったので

 

自分が妊娠したときにはとにかく保湿を一生懸命しました

 

妊娠線は皮膚が急激に伸びることで出来る皮膚の裂けた傷のことをいいます。

 

一度避けるとその傷は永遠。では避けないためにはどうしたらいいかといいますと、とにかく保湿をすることです。

 

私はお風呂上り化粧水やらクリームやらワセリンやらを一生懸命お腹に塗りました。最初はお腹に赤ちゃんがいるという実感も無かったため

 

適当でしたが週数がいくうちにお腹は大きくなってきてゴロゴロ動くように

 

なってきました。するとなでるように毎日塗ることが日課でした。

 

効果の高いナチュラルマーククリーム

妊娠したら私はすぐに、このナチュラルマーククリームを使い始めました。近所に住む先輩ママが使っていたからです。早めから使い続ける事で、お腹が大きくなった時にできる妊娠線の予防になるのです。

 

その効果がとても高いと評判が良いのです。だから当たり前のように私も使い始めたのです。毎日朝と夜の二回、お腹につけて優しく円を描くように塗っていたのです。しっかりと塗らなくても、軽くマッサージをするだけでいいのです。保湿力にも優れていて、肌がなめらかになったのです。

 

大きくなっていくお腹の潤いもアップするのです。弾力もあるので、この潤いはいつまでもキープされるのです。

 

妊娠線予防をしていないと、すぐにできるのが妊娠線なのです。だからその予防のためにも、ナチュラルマーククリームを使う事で安心できるのです。嫌な臭いも、刺激もありません。肌トラブルもないので、肌にとても優しいのです。

 

これで出産後の妊娠線の心配もしなくていいのです。