妊娠線のケアはクリームで決まり!予防も産後もおまかせの妊娠線クリーム

妊娠線ケアを考えているあなたは、どんな方法を考えていますか?

 

妊娠線クリーム?
妊娠線オイル?
妊娠前から使っているボディケア化粧品?

 

どれも妊娠線のケアをするのにマッチしている商品ですが、当サイトでは妊娠線のケアには妊娠線クリームの使用をおすすめしています。

 

なぜ数ある妊娠線ケア商品の中から妊娠線クリームをおすすめするのか。

 

それは、妊娠線ができる原因や予防方法、できた妊娠線についての理解を深めることでわかると思います。

 

妊娠線がは人事ではありません。

 

当サイトでは、妊娠線についての基礎知識はもちろん。

 

妊娠線ケアに最適な口コミでも人気の妊娠線クリームを紹介していきます。

 

妊娠線ケアにクリームをおすすめする理由

妊娠線のケアに最適な方法は妊娠線クリームを使用した方法です。

 

なんで?

 

と思うかもしれませんが、これには妊娠線ができるメカニズムと妊娠線クリームのメリットなどを考えると、妊娠線クリームがもっとも効率よく妊娠線のケアができると考えられるからです。

 

妊娠線クリームを使用した方法とその他の妊娠線ケアの方法。

 

何がどう違うのか、妊娠線ができる原因からみていきましょう。

 

妊娠線ができる原因は赤ちゃんの成長?

妊娠線は赤ちゃんが大きくなってくるせいでお腹がふくらむからできる。

 

そう思っている方も多いと思います。

 

でも、その答えは50点。

 

妊娠線ができるのにはもっと複雑なメカニズムが関係しているんです。

 

妊娠線ができるメカニズムには

・お腹のふくらみ
・ホルモンの影響
・お肌の状態
・体重管理

など、主にこの4つが関係してきます。

 

お腹のふくらみは言わずもがな。

 

お腹がふくらんで引っ張られることでお腹の皮膚が避けてしまうということですよね。

 

ではホルモンやお肌の状態とはいったいどんなものなのでしょう?

 

妊娠線に影響するホルモンはコルチコステロイド。

 

このホルモン、お腹の胎児を成長させるためにとっても大事なホルモンなんです。

 

でも、この大事なホルモンは妊娠線を作りたくないあなたにとっては嬉しくない働きも持っています。

 

コルチコステロイドがお肌にあたえる影響として代表的なのはバリア機能を低下させて肌の弾力をなくすこと。

 

お肌は弾力がなくなると細胞同士のつながりが弱くなってしまうので、お肌が裂けやすい状況になってしまいます。

 

そのため、妊娠線を予防するにはお肌のバリア機能をサポートするケアが重要になるのです。

 

バリア機能がちゃんと機能していれば簡単にお肌が裂けるなんて事はありません。

 

 

そして体重管理。

 

赤ちゃんが大きくなるにつれてあなたの体重はどんどん増えていきます。

 

でも、それは本当に赤ちゃんだけの重さでしょうか?

 

妊娠中のあなたの体は妊娠以前よりも脂肪を蓄えやすい体質に変化しています。

 

その脂肪は赤ちゃんがいるお腹にも。

 

となると、赤ちゃんと脂肪の両方の影響を受けて大きくなるお腹は急激なふくらみとなってしまいますよね。

 

赤ちゃんと脂肪のダブルパンチで急激にふくらむお腹にあなたのお肌は耐えることができません。

 

余分なお腹のふくらみを作ることは妊娠線を作ってしまう大きな原因のひとつとなってしまうのです。

 

妊娠線を作らないケアとは

妊娠線を作らないケアとは、お腹の大きくしすぎないこと。

 

お肌のケアをすることが重要です。

 

ホルモンバランスの変化をコントロールすることはできないので、肌の調子を自分で整えることはできません。

 

そのため、あなたができる範囲で妊娠線ができないよう体をコントロールすることが大切です。

 

まず取り組みたいのは体重管理。

 

出産までに増える体重の理想的な増加は約8kg。

 

しかし、これは妊娠前の生活をそのまま送っていても難しい増加数です。

 

なので、月単位で体重をコントロールしていくのをおすすめします。

 

デッドラインとしては1ヶ月に2kg以上の増加はさせない。と覚えておくと、妊娠線ができる確率を下げることができます。

 

※1ヶ月に2s以上の体重増加があると、急激にお腹がふくらむ原因になります。妊娠線はゆっくりお腹を大きくしていくことである程度防げるものなので、体重管理はしっかりとするようにしてください。

 

そして、体重管理をしつつ行いたいのはあなたのお肌を整えるケア。

 

 

妊娠中のあなたのお肌は水分が抜けやすい状態となっています。

 

水分の抜けたお肌はバリア機能の働きが弱まっているので、少しの刺激でも妊娠線に直結してしまう可能性があるのです。

 

それを防ぐためには

 

・水分の補給
・水分を逃がさないケア
・皮膚の細胞を元気にするケア

 

を行うことが大切です。

 

この3つのケアができるなら、妊娠線ケアの商品はどれを使っても構いません。

 

でも、これだけの効果を求めると1つのケア商品で行うことはなかなか難しかったりもします。

 

そこでおすすめしたいのが妊娠線クリーム。

 

妊娠線クリームは妊娠線のケアに求められる3つの効果を持っているからです。

 

 

妊娠線ケアはいつからするべきなの?

妊娠線ができる確率をあなたはご存知でしょうか?

 

妊娠線は妊娠をしたママの50%以上の方にできるものです。

 

確率にすると1/2以上。

 

しかし、この確率は妊婦さん全体を見たときの確率となっています。

 

 

妊娠線はケアをすることで予防することが可能です。

 

万が一予防をしていたにも関わらず妊娠線ができてしまったとしても、予防をしていない場合と比べると妊娠線の症状はとても軽く済ませることが期待できます。

 

わたしに妊娠線はできないよね。。。

 

ではありません。

 

たとえあなたが妊娠線のできにくい体質だったとしても、妊娠線ができる可能性は0ではないのです。

 

そんな妊娠線ケアは遅くても妊娠4ヶ月に突入する頃から開始するのをおすすめします。

 

妊娠4ヶ月目から妊娠線ケアをおすすめする理由

あなたは今、妊娠何ヶ月目でしょうか?

 

もし4ヶ月を超えているならすぐにでも妊娠線のケアを始めてください。

 

個人差も大きいですが、妊娠をしてからお腹が大きくなるは妊娠4ヶ月前後。

 

そして、急激にお腹が大きくなってくるのが妊娠5ヶ月〜6ヶ月程度と言われています。

 

いつから妊娠線のケアをしたらいいんだろう?
お腹がそんなに大きくまだ大丈夫かな?

 

と考えていると、知らない間に妊娠線ができているかもしれません。

 

でも、なんで早目からのケアが必要なの?と思いませんでしたか?

 

それは、あなたのお肌の調子を整えるのに時間が必要だからです。

 

妊娠線ができないお肌になるまでの期間

お肌のターンオーバーという言葉を聞いた事がありませんか?

 

お肌は日々新しく生まれ変わっています。

 

新しいお肌ができたら古い働けなくなったお肌がアカとなって外に出される。

 

このお肌のサイクルのことをターンオーバーといいます。

 

お肌のターンオーバーはホルモンバランスによって大きく左右されるため、妊娠中はターンオーバーが乱れてしまうこともしばしば。

 

正常な状態でも約1ヶ月〜3ヶ月の周期でお肌が完全に生まれ変わると言われているので、妊娠中となったらどれだけの期間がかかるかわかりません。

 

そのため、妊娠線のできないお肌をつくるには最低でも2ヶ月はかかると思っていたほうが良いといえます。

 

ということは、急激にお腹が大きくなる妊娠中期〜後期に間に合うようにお肌のケアをしてあげることがとても重要になるのです。

 

 

妊娠4ヶ月の頃から妊娠線のケアを始めることで急激なお腹のふくらみに合わせたお肌のケアをすることができます。

 

もちろん、それ以前から妊娠線のケアをする方が望ましいですが、妊娠初期だとホルモンバランスの変化についていけず、生活の中で様々な変化を感じている真っ最中。

 

症状がないかたもいますが、妊娠初期での妊娠線のケアは難しいことが多いと思います。

 

妊娠線を作らないお肌になるためには最低でも2ヶ月かかると仮定すると、妊娠4ヶ月から妊娠線のケアを開始するのが望ましいといえるのです。

 

 

 

妊娠線はお腹だけじゃない!

妊娠線のことはマタニティー雑誌やマタニティーサイトで知り、お腹が目立ち始めた妊娠5ヶ月頃から妊娠線予防のクリームを塗り始めました。クリームはベルタの妊娠線予防クリームを使っています。香りも気にならず伸びもいいので、お腹のほか、乾燥が気になっていた首筋や背中にも使っていました。また、容器がポンプ式なので、お風呂上がりにも手軽にさっと使えて便利です。

 

その後、妊娠経験者の先輩から「妊娠線は太ももやお尻にもできるから気をつけた方がいいよ」とアドバイスされたので、お尻や太ももにも塗るようにしました。全身にクリームを塗ることで、お腹以外の自分の身体の変化にも気づけるようになり、特に想像以上の下半身太りに危機感を覚えるようになりました。下半身太りを改善するためウェーキングにも積極的になりました。現在は妊娠9ヶ月ですが、今のところ妊娠線は見あたらないのでクリームの効果はあると思います。「臨月で急にお腹が大きくなると妊娠線ができる」とも聞いているので、今後も気を抜かず、クリームを塗って予防ケアをしたいです。

妊娠線は水着が着れない

妊娠するとお腹が大きくなるにつれ妊娠線が出来ないか気になると

 

思います。

 

妊娠する前は妊娠線がなんなのか、出来ても消えるのではないかとか

 

知らない事だらけだったと思います。ですが色々人から聞くうちに

 

妊娠線は消えないし一生残ると知ります。

 

そして母のお腹をみせてもらったらくっきり妊娠線が何本もあります。

 

妊娠線は予防によって出来なくするということも可能とのことであったので

 

自分が妊娠したときにはとにかく保湿を一生懸命しました

 

妊娠線は皮膚が急激に伸びることで出来る皮膚の裂けた傷のことをいいます。

 

一度避けるとその傷は永遠。では避けないためにはどうしたらいいかといいますと、とにかく保湿をすることです。

 

私はお風呂上り化粧水やらクリームやらワセリンやらを一生懸命お腹に塗りました。最初はお腹に赤ちゃんがいるという実感も無かったため

 

適当でしたが週数がいくうちにお腹は大きくなってきてゴロゴロ動くように

 

なってきました。するとなでるように毎日塗ることが日課でした。

 

効果の高いナチュラルマーククリーム

妊娠したら私はすぐに、このナチュラルマーククリームを使い始めました。近所に住む先輩ママが使っていたからです。早めから使い続ける事で、お腹が大きくなった時にできる妊娠線の予防になるのです。

 

その効果がとても高いと評判が良いのです。だから当たり前のように私も使い始めたのです。毎日朝と夜の二回、お腹につけて優しく円を描くように塗っていたのです。しっかりと塗らなくても、軽くマッサージをするだけでいいのです。保湿力にも優れていて、肌がなめらかになったのです。

 

大きくなっていくお腹の潤いもアップするのです。弾力もあるので、この潤いはいつまでもキープされるのです。

 

妊娠線予防をしていないと、すぐにできるのが妊娠線なのです。だからその予防のためにも、ナチュラルマーククリームを使う事で安心できるのです。嫌な臭いも、刺激もありません。肌トラブルもないので、肌にとても優しいのです。

 

これで出産後の妊娠線の心配もしなくていいのです。